電気工学科の特色


■学科の特色・研究分野
 
広範囲に及ぶ電気技術に関連する領域の中で,「エネルギー&コントロール」および「ものをつくる」 ということを学科の主要な柱とし,技術の進歩にただちに対応して,主体的に活動できる人間性豊かな技術者を養成します.
研究分野は大きく電力エネルギー系,システム制御系,電気材料・デバイス系で構成され, 高度化ハイテク化に向かう産業界の構造変化に広く対応しています.
 
 
カリキュラムの特色
 
電気工学における最も基礎的な授業科目を必修科目に設定し,実験科目との相乗効果により理解を深めるように工夫をしています.
個々の科目がさまざまな領域とリンクし,電気に関わる工学的分野を広範囲に学べます.
ハードウェアに強い技術者の養成に重点を置き実験系の科目を1年次から導入しています.




沿革

1927年 有元史郎により芝浦工業大学の前身(東京高等工商学校)が設立される.電気工学科,土木工学科,建築工学科,商業学科が設置される.
1941年 北原白秋作詞,山田耕作作曲により,東京高等工学校校歌が制定される.この校歌は,のちに芝浦工業大学校歌となる.
1949年 芝浦工業大学工学部が設置される.
1950年  芝浦工業大学工学部に電気工学科が開設される.
1954年 教育職員免許状認定校に指定される.
1963年 芝浦工業大学工学研究科修士課程が設置される.
電気工学専攻,金属工学専攻,工業化学専攻が設置される.
1964年 芝浦工業大学に電子計算機室が設置される.のちに計算機センタに改称される.
1966年 芝浦工業大学大宮校舎が竣工される.
1990年 芝浦工業大学にシステム工学部が設置される.
1995年 芝浦工業大学大学院に博士課程が設置される.地域環境システム
専攻,機能制御システム専攻が設置される.
1997年 芝浦工業大学先端工学研究機構が設置される.
2003年 芝浦工業大学大学院に工学マネジメント研究科が設置される.